虫歯治療なら北松戸の歯医者、和田歯科医院

虫歯

虫歯の進行と治療法

虫歯の治療は、進行度合いによって異なります。早期に発見できれば、できる限り削ることなく、そして痛みも無く治療を進めることができます。

虫歯の進行

1の段階では、ほとんど痛みを感じることがありません。2の段階へ進行すると、違和感・穴が開いた・痛いなどでご来院いただくことが増えてきます。

1~2の進行段階であれば、もし歯を削ることが必要になったとしても、保険診療のレジン(プラスチック)で白い詰め物で治療することができます。3や4の段階になると、詰め物ではなく被せ物の治療が必要となってくるケースが増えます。また、歯の根の治療も必要となり治療期間がかかります。

当たり前のことですが、痛みが無く、治療期間もかけないためには、早期に発見が重要です。少しでも違和感がある方は、お早目にご相談にきていただきたいと思います。

虫歯の発生原因と予防法

虫歯は、お口の中の細菌、糖分の摂取、歯の質など、さまざまな要因がからみ合って発生します。虫歯菌は、歯垢を住みかとしているので、毎日の歯磨きで歯垢をしっかりと取り除くことがとても大切です。

白い被せ物

歯垢を取り除く歯磨き

虫歯予防には歯磨きが大事ということは誰もが知っていると思います。最も大切なことは、その歯磨きで歯垢を落とすことです。

歯垢の中に含まれる虫歯菌が酸をつくり、この酸が歯のエナメル質を溶かして虫歯をつくります。つまり虫歯の原因となる歯垢を落とすことで、虫歯を予防することができます。

歯磨きのポイント

歯磨きのポイントは、歯垢のたまりやすいところを重点的に、丁寧に磨くことです。歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目、奥歯の噛み合う面など、丁寧に磨くようにしましょう。虫歯は適切な対策を行うことで、予防できる病気です。

たとえ一度、虫歯が発生したとしても、早期に治療を行い、その後丁寧に予防を行うことで再発や悪化を防ぐことができます。そして、歯を失うことなく、生涯ご自身の歯を残すことが可能となります。歯医者の診療では、虫歯治療を行うだけでなく、虫歯の予防法をお一人おひとりにあわせてお伝えしていきます。

白い詰め物・被せ物

上記でご説明の通り、1~2の虫歯の進行段階であれば、虫歯治療を行ってもほとんどの場合が保険診療のレジン(プラスチック)で白い詰め物で治療することができます。また、被せ物の治療の場合、対象の歯に限っては保険診療で白い被せ物ができます。

白い被せ物

保険適用の「白い被せ物」について

小臼歯部(真ん中の歯から数えて4番目・5番目の歯)については、CAD/CAM冠ハイブリッドレジンの白い被せ物が保険適用となります。

素材はハイブリッドレジン

レジン(プラスチック)とセラミックスを合わせた材料です。自然な白い歯に仕上がります。

金属アレルギーの心配がありません

金属を使用していないので、金属アレルギーが心配な方にも安心してご使用できます。

4番目・5番目の歯以外にも条件・状態によっては、白い歯へ修復が可能です。「銀歯ではなく白い歯へ修復したい」という方は、診療の際にお気軽にご相談ください。なお、保険診療で白い被せ物の対象とならない歯や、更にキレイな白い歯をご希望の方へは、オールセラミック・ジルコニアセラミックの素材を利用した自由診療の白い詰め物・被せ物がご提案できます。

セラミック治療の詳しくはこちら>>

ページの先頭に戻る
PAGE TOP